岩室リハビリテーション病院

0256-82-4100
受付時間:AM8:30〜PM5:00(土はPM0:00まで)
新潟市西蒲区岩室温泉772-1

部門紹介

病棟・療養棟

患者さんや地域に信頼される看護が提供できるように

当院はリハビリテーション病院として、回復過程への支援と心身ケアの提供に力を入れています。 回復し退院して行く患者さんの笑顔や心地よく過ごされている患者さんの安らかさが看護・介護の活力です。 私たちは『人とのつながり』『その人らしく生きること』を大切にしています。患者さんはもちろん!共に働く職員のことも!! それは、患者さんや入所者さんはもちろん共に働く職員も同様です。 皆さんが笑顔で過ごせる環境づくりを心掛けています。
看護部長 榎本千尋

回復期リハビリテーション病棟の役割

 患者さんの疾病・障害の状態や今後の経過について多職種と情報共有を行い、リハビリに集中できるか、二次合併症は起きていないかなどの看護職としての観察力が必要になります。また、患者さんのストレスケアや社会復帰の為のサポートなど病気によって不安を抱えている患者さんに精神的に寄り添う事も重要な役割と言えます。

家屋評価・家族看護

 リハビリスタッフとともに、患者さんの自宅を訪問し、退院後の生活場面を実際に見させて頂いています。夜間の様子や排泄・入浴などの日常の過ごし方を知る看護職としての視点で、家族支援も含め、自宅での生活について発信しています。 また、患者さん本人だけでなくご家族も看護の対象者として考え、今後の生活への不安や在宅介護の疲労などのような問題の解決や負担軽減の為のケアを提供します。

回復期リハビリテーション病棟での介護

 患者さんの症状が安定に向かっている時期や回復期が高い時期に集中的なリハビリを行う事で大きな成果が得られます。 その為、介護福祉士として日常生活での関わりからの観察や介護が必要です。 介護福祉士は、一人の患者様の自立支援の為「介護計画」を立てます。 介護福祉士からの視点で食事・排泄・入浴・整容などの動作やその人らしさに必要な事を考え、提供しています。

介護医療院の役割

 介護医療院で過ごされる入所者さんは、長期療養が必要な要介護の方です。 当施設では、難しい点滴や喀痰吸引、インスリン、注射などの日常的な医学管理を提供し、看取りやターミナルケアにも対応しています。 入所者さんが充実感・満足感を持って過ごしてもらえるように介護医療院での生活をその人らしく良いものにする事を目標にしています。 入所者様のQOL(生命の質)の向上を目指す事が看護・介護の重要な側面の一つです。

介護医療院での看護

 生活をする場として、安全で快適な環境である事が大切です。 感染予防対策、明るさや音・匂いの調節、食事や排泄などの状態観察と一人ひとりに応じたケアの提供、 心地よく過ごせるようなポジショニングの工夫などを多職種と一緒に考え提供します。

介護医療院での介護

 介護医療院は病院ではなく、長期療養が必要な要介護の方の施設です。 施設と言っても、医師・薬剤師・看護師・准看護師・介護福祉士・リハビリ職員・管理栄養士・相談員など 多くの医療専門職を配置しており、日常的に医学管理を提供しています。 多職種と仕事する事が多い為、医療・介護の知識が身につき介護福祉士も医療的知識を獲得できます。 レクリエーションも行っており、入所者さんが楽しめるように心掛けています。 楽しむだけではなく、認知能力の向上や運動不足解消など、様々な目的を考えています。

受付

※お盆・お正月・祝祭日・日曜日は診療をお休みさせて頂きます。

午前診療受付 8:30〜11:00
午後診療受付 13:00〜14:30
△ 午前受付のみ
ー お休み